--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2014/3/30~2014/7/14まででの理解のメモ
事前準備
・各レーンの特性と定石を知る。得意レーンを把握する。
・自分の強みを活かせるchampを見つけ、性能とビルドパターン、コンボ、強みと弱点、パワースパイクを理解する。
・対面に来るchampの性能や代表的なビルドを理解し、戦い方を考えられるようにする。
・使用champの利点と欠点を把握し、得意ロールでの勝ち方の仮説を立てる。
・仮説通りで勝てるか試し、問題点があれば解決方法を検討する。
・上手いplayerは得意champ、得意ロールでの勝ちパターンを構築している。
・チーム内で自分が上手い方であるならtankyではないjunglerかsolo laneを取って、火力を担当した方が勝てる可能性が上がる。mage supも可。理由は火力が出せないtankやガチsupは対応力に乏しく、ADCは味方のsupがひどくpeelerもいない場合腐るため。


試合前に
自分達のチームが、スプリットプッシュが強いのか、チームファイトが強いのか、しっかり判断すること。
・チームファイトが強い場合…all midで攻めいって、強制的に割っていく。モタモタしたら相手にスプリットプッシュされるのでNG。スプリットプッシュされてしまった場合、間に合いそうなら防衛に向かう。相手がタワー下に引きこもるようならdragやbaronをちらつかせたりジャングルを荒らしたりすること。
・スプリットプッシュが強い場合…スプリットプッシュしている間、タワー下で耐えること。耐えることが重要で、poke負けしているとドンドン削られてから強引に殺されるので注意。
相手がdragやjungleに行くようなら各個撃破を狙うが、baitされることもあるので相手が誘っているのか焦れただけなのかしっかり判断すること。

スプリットプッシュは対処しづらい戦略で、処理に失敗するとそれだけで負けてしまう。ただ味方にも負担が大きいので、その辺りの判断力を培うこと。
タワーの攻撃が相対的に痛いレベル10前半くらいまではスプリットプッシュは有効だと思うが、それを過ぎるとall inから強引に殺される可能性が高まる。ただ、スプリットプッシュする側のタワーダイブやタワー破壊能力も上がってくるので、タワーに殴られながらタワーを破壊することも可能になるので後半もうまく使えばやはり厄介。


レーン戦…レーナー
・CSを取る。80~90/10minを目標に。
・有利…health差をつける→ゾーニング/pushする→CS差を広げる/killを取る。味方ミニオンのHP管理をするとハラスするタイミングが分かる。
対面を腐らせた場合、pushからのroamかひたすらのpushで相手junglerを呼び込んで他を有利にできる。また相手のjungleを荒らしたりワードで視界をコントロールするのも良い。
・不利…殺されない。CSを落としてもいいのでハラスを避け、死にそうならすぐ帰る。healthが6~7割を切ると危険区域。集団戦まで耐えるか、roamしてkillを取ったりオブジェクトを取ったりする。
・junglerを意識する。gankを避けるには視界が必要で、自キャラの逃げ性能と相手のccや射程で安全距離は変わる。gankに来てもらうには十分なhealthとmanaが必要、できればハラスもしておきたい。
・他レーンとオブジェクトを意識する。自分のレーンが勝てれば他レーンに行ったり、dragを取ったり、towerを折ったりする。
・pingやchatでコミュニケーションを取る。callをする。


レーン戦…ジャングラー
・自陣jungleでfarm。
・dragとバフの管理。
・敵味方両方のjungleの視界をコントロール。
・勝っているレーンにgankに行き、更に資金差を広げる。あるいは、相手のjungleを荒らして相手ジャングラーを腐らせる。
・勝っているレーナーと共に敵のjungleを荒らしたり、他のレーンにgankに行ったり、dragを取ったりして資金差を広げる。
・負けそうなレーンを助けに行く。負けているレーンを助けに行くのは効率から考えて最後にする。


小規模集団船~決着
・farmと集合のタイミングを理解する。寄るタイミングは、オブジェクトが取れそう/取られそう、killが取れそう/取られそうなとき。killを取られてもオブジェクトに繋がりそうにないときは、敢えて見捨ててオブジェクトを取りに行くのが正解。装備が揃うまではfarmも重要だが、killに関われば10CS分~がてにはいることを理解する。
・objectが取れそうなときというのは、人数差をつけられるとき。人数差をつけられるときというのは、相手が別の場所にいるのが見えたとき。逆に、オブジェクトを取られそうなときというのは、敵がオブジェクトのそばに集まっている、集まろうとしているとき。判断するには視界がなければ難しい。
・勝っているとき…集団戦をガンガン起こしていく。まとまって動いてjungleを荒らしつつ、dragやbaron、towerを狙っていく。特に相手が引きこもっているときが絶好のチャンス。
・負けているとき…相手の視界を潰してfarmしつつ、相手の甘えを突いていく。具体的にはBD、bait、少人数でのroamで一人づつ殺す、drag/baron stealなどのゲリラ戦に持ち込む。
・farmのタイミングはオブジェクトをとった後はしっかり行えるように。相手のjungleをついでに荒らすのも立派なfarm。
・farmは負けているときこそ重要。farmできるように視界を取ってmapを見て、敵の位置も確認する。
・baron前、drag前は集団戦が起こりやすい。すぐに寄れるよう、付近の視界は確保すること。dragは後半はすぐ取られてしまうので管理が重要。バロン強いので特にレベル14~16くらいでは始めた側が負けやすいが、上手く取れればもうけものだし、危なくなれば引けばいいのでチャレンジも重要。
・minion溜まりを作ってじわじわ相手のtowerを削るのは必須作業。相手がtowerの防衛に固執するなら大量のkillチャンスに繋がるし、こだわらなくても資金差をつけられる。逆に自分のtowerを削られないようにミニオンを見張ることも重要。
・後半になるにつれ、1 deathが長くなるため重くなってくる。ワンミスからaceを取られて逆転ggも珍しくなくなる。判断のためには視界が必要。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie感想

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。