--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

会社入ってから精神衛生状態が明らかに悪化したなぁって思うへべです
フッフゥ 会社ってストレスフルだよね! マジカンベン
うぷぷぷぷぅーーー!


で、ダンガンロンパ クリアーーしたよ!!!


総合で言うと面白かった
アマゾンのレビューがたくさんあるから読んだら大体分かると思うのでオススメ
ココ

興味がある人はまずここからムービー見てみたらいいと思う(ちょっとネタバレ含むかも)

「ティザームービー」がオススメ
見て面白そうだったらやってみても悪くないと思うよ!
うぷぷぷぷぷぷ うぷぷぷぷぷ ぷぅー


面白かったから感想書くよー
大体のことは上のレビューに書いてあるから個人的感想だよ! 
久しぶりにサウンドトラックほしいと思ったゲームだったよ


ネタバレ含むんで続きはクリックで
あんまりまとめられなんだ


良かった点
・音楽が印象的
・前半面白い
⇒前半は展開が読めなくて続きが気になった 
 処刑シーンのグロテスクさも物語を引き立ててる(個人的にはグロいのはニガテだけど)
・デザインがオサレ
・大山のぶ代が神
・謎ときが「あーそうなんかーなるほど」ってなる
⇒これは僕の頭が残念なだけかもしれませんね!
(探索パートで「コレ事件に何の関係があんの…?」ってものがいっぱい出てくるから)
・逆転裁判より便利、やりやすい探索パート
⇒スキルやシステムで「調べ忘れ」が残りにくくなってる
 調べてない場所があるとその場所から離れられない辺りは逆転裁判よりずっといいと思う やりやすい
 逆転裁判は3の途中までしかやってないけど 
 途中から探索パートでどこ調べてないのか分からなくなることがままあったんで
・通常パートの台詞が一言のみ
⇒テンポアップに繋がってる これは素晴らしい発想だと思ったよ これが導入された初めての作品かは知らない
・日常生活編で個性的なキャラと親睦を深められる!



イマイチだった点
・キャラがドンドン減っていくからだんだん飽きてくる
 掘り下げられたキャラから順番に減っていくというか……
 次に誰が死ぬかわからんので誰から攻略すべきなのかクリアするまでわからん上に
 やりこみがめっちゃめんどいシステム
・結局殆どの謎が「何故そうなったのか?」が明らかにならない
⇒ここが明らかになってないせいで何だか薄っぺらさを感じた
・キャラが多いせいかキャラクターの掘り下げが甘い
⇒特にキャラは「僕の考えた最強の××」みたいな感じ まぁそれが味と言ってしまえばそうなのだけど
・設定にお遊びが入りすぎ
 ギャンブルが強いキャラがアカギに勝ったとかそういう設定は安っぽさに繋がってると思う
 安易なパロはぺらさに通じるよ! キャラは描写で描いて下さい!
 ぱくり元が好きな作品だったせいで馬鹿にされたように感じたので言ってみただけ
・主人公がシンジにしか聞こえない 後あんまり感情移入できない
⇒感情移入できないのは個人差あるかも
・文章が一部分くどかったり鼻につく
⇒これも個人差あるかなあと



良いゲームは音楽も印象的っていう法則に当てはまってるね
ただ面白いゲームだったからこそ残念な部分が際立ってくる感じ
つまんないゲームは「クソゲー」といって投げられるだけだけど
面白いと「あと一歩、ここがほしかった・・・!」ってなっちゃうよね
だからちょっと辛口になっちゃうよね


個人的に一番残念だったのは後半の消化試合感
製作者力尽きたんかなと思ってしまった
後半ほど毒のあるキャラが居ないせい&単純に人数が少ないから混乱感がない
箱庭的世界の構築が上手い反面、
「何故その世界ができたのか?」「どうやって作ったのか?」の部分は潔いほど言及されてない
だからクリア後のことも殆どヒントがなくてどうなったのかもにゅる
うーんまぁこの辺りは僕の価値観とマッチングしてなかっただけかもしれませんね
小説のジャンルで読むのが一番苦手なのがミステリー小説っていう僕にはハードルが高かったのかも
謎解きとかニガテなんです頭悪いからかな……


ライトさ、スピーディーさ、オサレ感を全面に押し出してる分、
ねちねちした描写がないからキャラの掘り下げは甘いかなぁとか。
きっと今は受けないんだろうなぁーそういうネチっぽさ。
毒のあるキャラから死んでいくせいで、後半生き残ったキャラがマジ薄味ってのもあるのかな?
ただこれはもうシステム上どうしてもしょうがないんでプレイヤー側が受け入れるしかないかなぁと
それと多分魅力的なキャラクターに感情移入したところで
殺し合いが発生して、ドンドンキャラが減っていくというテイストに飽きるんだと思う
加えて最後の方はキャラが死ななくなるから
前半の勢いと比較して後半明らかに失速してる
とりあえずこれジャンルしてはB級映画系だと思うなー いい意味でも悪い意味でも
あんまりストーリーとかに期待すると はふん てなりそう っていうかなった


モノクマはモノクマのまま犯人にしてほしかった・・・
モノクマが濃い分真犯人がマジ「ふーん」て感じ


それと上でもちょっと触れたけどシステムがやりこみに適してない
せっかくキャラと仲良くなれるのに、その部分だけやり直せないで全部やりなおすハメになるのでめっちゃめんどい
(チャプターごとにやり直すハメになる)のはかなりマイナス
もうちょっとやりこみプレイに適したシステムを構築してほしかった


あとあちこちで言われてるけどやっぱり逆転裁判+西尾維新って感じ
まーこれは逆転裁判現役世代じゃない若い子向けのゲームっぽいし いいんじゃないかなー
ちなみに僕の周り(リアルで)これ知ってる人いなかったよ
やっぱ若い子に受けてるのかなぁ
オタクが周りにいないだけかなー


ただこれ2出たらやるか微妙やね
逆転裁判の例もあるけど 1より2、2より3と難易度上げるせいで
ドンドン面倒くさくなるんだよねこの手のゲームって……
逆転裁判の裁判パートは正直途中で面倒になった 長いよ!
ミステリー嫌いだからね仕方ないね……


結論としては
西尾維新が嫌いじゃない かつ 逆転裁判が面倒になった人にやってもらいたいゲーム ですかね
僕自身は維新の文章ニガテなんであんまり読んでないんですけどね
完読したの1冊しかない 多分
あとのぶよドラえもんが懐かしい人は全員やったらいいと思う



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie感想

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。