--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

さて,地球が静止した日ですが.
原作を見ていないので対比などはできないので,
見た通りの感想を述べさせていただきま.
ちなみにめっちゃひどい評価だったので読むのはあんまりオススメしませんが
自己満足で感想だけ書いておきます.

正直あんまり面白くなかったです.
ご都合主義なところと,
アメリカバンザイなところと,
描写の甘さ(人間性の深さがない)ように感じたので.
カメラワークやCGのことは良く分からんのですが,
CG描写を全面に押し出すには弱いかなぁ・・・と感じました.
他にも,走っているトラックをあの速度で分解解体するナノボットの群れを相手にして
ラストシーンでクラトゥ(主人公?の異星人)がたどり着けた理由が説明されてませんし.
気合ですか?
世界の危機だーみたいなこと言ってる割にはアメリカの話しかしませんし.
テレビでおまけ程度にちょろちょろ流れる程度.
別にいいですけど.

後メインの役の子供が大変鬱陶しかったのが非常にマイナス点.
子供っていったらあんな感じかもしれないので,リアルに忠実なのかもしれませんが
そんなところにリアルさはいるのか?と思います.
居ない方が良かったんじゃ・・・?
それと家族愛についての描写も
たった一組の家族愛(しかも描写が甘いせいか別に感動的でもない)を見て
自分の命を捨てるほど異星人が感動できるのか?とか
地球の危機に対する家族愛ってのは・・・
一体何をプッシュしたいのか絞りきれていない感じでした.

群集モノにしては人数が少ないですし.
出てきたの基本的に軍人・科学者・異星人・政治家しかおらんですし.
しかも最初のシーンの方で出てきた科学者は え? 出てきただけ? みたいな扱い.
数合わせですか.
キャラクターが立っていたように感じたのは
防衛長官とちょろっと出てきた教授かなあ.
もっと教授が攻めたような方向で心を動かしたらよかったのに.
というか世界の代表と会わせるとかいって自分とこの教授とかどんだけ世界が狭いんだ.

アレでハッピーエンドへ向かうのはちょっとなーうーん,納得が行きません.
ゴッドマーズやらデビルマンばりにダークなエンディングにした方がよかったんとちゃうんかなあと.
スクリーン上部がもにゅもにゅしていましたし!(映画の中身関係ない)

と,ここまで書いた後によそ様の評価を見ると
好評なかたがたもおられたようで
どこらへんに着目して見てたのかなあと思うと
「クラトゥの心の動き」みたいです.
うーん,確かにそこに着目すると
いろんな人たちに出会って少しづつ人間を知っていって
最後のシーンにつながると考えれば
つじつまがあっているのかな.
ケースが少なすぎるようにも思うのですが.

でもラストシーンの意味不明なエネルギーダウン→終了な流れなので
あれはどう解釈していいのか全く分かりませんが
電力が使えなくなったよ!未来永劫!とかだと面白いことになりますね.
でもそうなると人間を退化させてます・・・か?
進化がうんたらかんたらとか変われるんだとか
電力に変わるエネルギーを開発したらいいんだよとかですか?

まーそもそも地球人類に対して完全に上から目線で超えらそうな宇宙人だったので
退化ぐらいさせますかね.
「命救ってやったんだからそのぐらいありがたくおもえ」的な.
とか

まとまりがつかなくなってきたので終了.
ここまでです.
まとまってないな・・・.
うーん,でも自分の好みが変わってきてる&固まってきてるっぽいことが分かったので
それが収穫といえば収穫でしょうか.
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie感想

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。